オーガニック洗剤 「folia(フォーリア)」 公式サイト~フォーリアの特長~

spacer.gif

rogo.jpgmenu_01.gifmenu_02.gifmenu_03.gifmenu_04.gif

icon_01.gifspacer-big.gif1.フォーリアが実践する6つのエコフレンドリー

img2_08.jpg

img2_01.jpg
フォーリア各製品は、オーガニック認定原料が入手可能なときにのみ製造されます。
この一貫性を通じて、洗剤の製造に使用されるべき原材料が環境に及ぼす影響もしっかりと考慮されています。

img2_02.jpg
フォーリアの製造工程は、イタリアで最も信用のあるオーガニックや環境保護の認証機関 ICEAのエコフレンドリー認証を受けています。製品が水質に及ぼす影響の度合いを示す『CDV(Critical Dilution Volume=臨界希釈体積)』が小さいことを証明するこの認証は、その他の認証機関が示すエコラベル認定基準よりも厳しい基準となっています。

img2_03.jpg
各製品の原材料は、可能なかぎり地元で生産されるものを使用し、遠隔地からの輸送がもたらす環境負荷を削減しています。具体的には、オーガニックオリーブオイル、菜種油、ラベンダー、シトロネラ、ミント等のエッセンシャルオイル各種などの原材料が該当します。

img2_04.jpg
洗剤ボトルのキャップは、計量カップとしてお使いいただけます。ラベルに明記された標準使用量をこのキャップで正しく計っていただくことにより、洗剤の過剰使用による水質への負荷を低減します。

img2_05.jpg
エトキシ化界面活性剤、合成着色料、合成香料は使用していません。各製品は、オーガニックエッセンシャルオイル由来のやさしい香りが特長です。

img2_06.jpg
使用されるすべての原材料は動物実験が一切行われていません。直接手肌に触れる製品(洗濯用・食器洗い用・水回り用)については、皮膚への安全性を保証する上で、イタリアのパドヴァ大学付属病院皮膚科にてボランティアによる安全性テストを実施済みです。

img2_09.gif※各製品の安全性テストの実施報告書(英文)を、PDFファイルにて公開しています。
洗濯用  ・食器洗い用   ・水回り用

日本語の翻訳文をご希望の方は、 メール にてご請求ください。

spacer.gif

icon_01.gifspacer-big.gif2.フォーリアは、オーガニック認証された『クリーンな洗剤』

フォーリアの全製品は、ICEAのオーガニック認証 『ECO BIO CLEANERS』 を受けています

shohin_01_2.gifICEAとは、Ethical and Environmental Certification Instituteの略称で、オーガニックおよび環境に配慮した持続的な製品に対して認証を行っているイタリアの民間認証機関です。オーガニック認証機関の中で先駆けとなった機関のひとつで、イタリア国内では最も重要なオーガニック認証機関として人々に広く知られています。

またイタリアのみならず、EUにおいても認証機関のリーダーとして実績をあげ、現在はその国際的な活動で有名となっています。 これまで11,000を超える企業に対し、倫理的、環境面、社会的に厳しい基準をもって認証を行ってきました。

ICEAが定める認証基準は、その基準が明確かつ分かりやすく整理されています。また、認証済みの各オーガニック製品の製法、自然界での生分解性、製造プロセス、およびラベルの記載事項(英語およびイタリア語の原文)は毎年ICEAによって検査されています。ICEAは環境に与える影響だけでなく、使用されている原材料も査定している点が特徴で、できるかぎり天然の成分を使用するよう推奨しています。

spacer-big.gif

ICEAは下記のような製品またはサービスについて認証を行っています

○食品分野:オーガニック製品や地場産品および水産食品img3_02.jpg
○非食品分野:環境に配慮した化粧品や洗剤、森林や環境を破壊しない持続可能な観光業や天然繊維、フェアトレードやSA8000認定商品、環境に優しい建築用装飾および材料

ICEAは、製品と生産プロセスにおける環境への配慮をさらに後押しするための研究開発、事業者や技術者の教育やトレーニングも行っています。
これらのICEAの活動は国際的なレベルで行われています。

spacer-big.gif

EUの環境基準「エコラベル」よりも厳しい査定

イタリアの民間機関であるICEAが定める基準は、EUの委員会が定める環境基準『Ecolabel(エコラベル)』より厳しい基準をもって製品の査定が行われています。
家庭用洗剤や化粧品などの製品が環境に与える影響を考慮しているかを問うている点では、ICEAもEUのエコラベルも共通していますが、ICEAはさらに製品の原料がオーガニック由来のものであるか、またはオーガニック由来の原料をベースに作られているかを厳しく査定している点で、ICEAの基準は厳しいと言えます。

spacer-big.gif

ICEA認証基準 “AIABクリーンクリーナー”

「AIABクリーンクリーナー(クリーンな洗剤)」基準とは、ICEAによって発行される民間の認証です。
洗剤関係業界を規制するために、洗剤の品質およびその生産工程を検証し、洗剤の生産やマーケティング、および消費行為に関連する基準に合致した製品にのみ認証が与えられます。

この認証には、AIAB(イタリア有機農業協会)が定める「環境生物に配慮した洗剤品質基準」に関連する各要件項目に合致している必要があります。

各製品が基準に沿っているかどうかは定期的に検査されており、化粧品に対するものと同レベルの厳しい検査を洗剤にも適用しています。

検査機関は、AIAB(イタリア有機農業協会)による研究機関で組織されており、学術界、科学界(フェララ大学化粧品学部、パヴィア大学薬理学部)の権威者で構成されています。
ICEAは、認定した製品情報および生産者の一覧表、認証した製品ごとの成分表も公開しています。

「AIABクリーンクリーナー(クリーンな洗剤)」基準策定の主なねらいは次の通りです。


1.洗剤や製品容器の生産段階で、環境への配慮がない物質を一切使用しないこと

2.農産物由来でない、人や環境に対して有害・危険なものを一切使用しないこと

3.製品容器が、リサイクル可な資源・原料により生産されている、あるいは容器返却プログラムで指定された容器を利用していること

4.製品が、高機能な従来製品と同レベルの効果を発揮すること

spacer.gif

icon_01.gifspacer-big.gif3.フォーリアは、すべての原料成分を詳細まで公開

『主体性をもった消費』を応援することで世界を変えていきたい・・・
だからフォーリアは、すべての原料成分を詳細まで公開しています

あなたのご家庭でお使いの洗浄剤は、どのようなものでしょうか。

もしも大手メーカーが製造する合成洗剤がお手元にあるようでしたら、ぜひ一度、その製品のラベル部分をチェックしてみてください。界面活性剤に関しては物質名まではっきりと明記されていますが、その他の機能成分である安定剤や香料などの物質名は明らかにされていないことにお気づきになるかと思います。


img4_12.jpg生活者に安心して利用してほしいという真摯な姿勢と思いやりから生まれたフォーリアは、可能な限り天然由来の原材料を利用し、さらにそれがオーガニック栽培であるかどうかという点にもこだわっています。環境や人々に配慮した自信作だからこそ、全成分を公開できるのです。

各製品の原料成分について、また、原料成分公開に関するより詳しい情報はこちらをご覧ください>>